漫画家

【休載から13年・闘病からの復帰】NANAでお馴染みの漫画家矢沢あい、展覧会は大盛況!

「天使なんかじゃない」や「ご近所物語」、「NANA」など多くの名作を残してきた矢沢あいさん。

繊細な絵のタッチと読む人の心を掴む物語で、日本中の人々を魅了してきました。

そんな矢沢あいさんが、2009年の9月に突然の休載。

累計売り上げ5千万部を記録し、その人気から映画化もされ有名になった「NANA」連載中の突然の休止でした。

それから13年経った2022年の7月20日、矢沢あいさんが原画展「ALL TIME BEST」を開幕したことが話題となっています。

一体13年の間、矢沢あいさんに何があったのか?

また、原画展の評判は?

気になる方のために、本記事で解説していきます。

矢沢あいの大人気漫画「NANA」休止の理由とは

矢沢あいさんの作品で誰もが知る有名漫画といえば「NANA」。

美しく引き込まれるような絵と細かいキャラクター設定で進む物語は、若い女性を中心に瞬く間に人気作品となりました。

そんな中での突然の休止。

理由は、矢沢あいさんの病でした。

矢沢あいさんの病気について詳しい情報は、現時点では公表されていません。

しかし、人気作の突然の休止に当時は、心配や驚きの声が多く聞かれました。

矢沢あいの原画展「ALL TIME BEST」

休止から13年の間、矢沢あいさんの新しい連載作品が世に出ることはありませんでした。

そんな中、2022年7月20日に原画展「ALL TIME BEST」を開催。

300点におよぶ直筆原画・イラスト展示しているだけでなく、初公開の関連資料や連載当時の付録カットまでファンが喜ぶ数々のお宝作品を掲載しています。

矢沢あいさんの「ベストアルバム」ともいえるような原画展に、あの唯一無二の世界感をまた堪能できるとファンの間でも大変話題です。

矢沢あい原画展でのファンの声

矢沢あいさん原画展の開催で、実際ファンはどのような反応をしているのでしょうか?

気になる方のために、以下でファンの声を紹介していきます。

引用:https://twitter.com/shiraiyo_/status/1551561214391595009

引用:https://twitter.com/tkmr_koharu/status/1554050641894739969

引用:https://twitter.com/HappyNyarobe/status/1554001223329624064

やはり、矢沢あいさんの原画を堪能できる贅沢を喜ぶファンの声が多数でした。

休止も乗り越え、長年変わらずファンに愛される矢沢あいさん。

それは、日本中のさまざまな方が矢沢あいさんの作品に、長い間心奪われ続けた証ともいえます。

矢沢あいプロフィール

引用:https://yazawaai-ten.com/

矢沢あいさんは、どのような漫画家なのでしょうか?

プロフィールを以下にまとめました。

ペンネーム 矢沢あい
出身地 兵庫県
誕生日 3月7日
デビュー リボンオリジナル新春号にて「あの夏」で1985年デビュー
代表作 天使なんかじゃない・ご近所物語・下弦の月・NANA

まとめ

いかがでしたか?

13年もの辛い休載を経ての、原画展「ALL TIME BEST」の開催。

矢沢あいさんのパワーが詰まった集大成の展示会ともいえます。

喜ぶファンの存在と共に、これからの活躍を期待したいですね。