スポーツ

武豊が話題の『ウマ娘 プリティーダービー』の名馬について語る!

最近話題になっている「ウマ娘」ですが、ただ面白いだけではないようです。武豊さんがウマ娘について語るくらいですから何か考えさせられるものがあるのかもしれませんね!詳しく見ていきましょう!

「ウマ娘」とは?

そもそも「ウマ娘」とは?と思う人も多いと思います。ゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』は、実在した競走馬を美少女キャラに擬人化したコンテンツ。「Yahoo!検索大賞」や「Google play ベスト オブ 2021」の「ベストゲーム 2021」を受賞するなど、競馬好きの中高年から若年層まで幅広い層から人気を集めています。ただ登場人物が可愛らしいだけではないんですよね。

子どもたちと競馬の話も。「ウマ娘」の影響力を実感!

武豊さんは、「ウマ娘」のブームで、競馬人気も高まっています。影響を感じてますか?という記者の質問に対してウマ娘の人気が競馬業界に影響をもたらしていると語りました。

「ウマ娘の話題は本当によく耳にしますし、すごい影響力だなと思っています。実際、僕の周りでも、中学生ぐらいの知人の息子さんから、僕が過去に出ていたレースのことなど質問をされるようになりました。僕が乗ってきた馬たちも、たくさんキャラクターになっているからです。ウマ娘がなかった頃は、子どもたちと競馬の話をあまりしたことがなかったのに、急にいろいろ聞いてくるようになってびっくりしています。今の中学生は、スペシャルウィークやディープインパクトのレースを見たことがない世代。その世代が過去の馬に興味を持ってくれるのは、すごいことですよね。」本人のコメントより引用

 

スタンドの雰囲気も一変!未来の競馬界を後押しになれば。

武豊さんによると、ウマ娘ブームは現役時代の馬を知らなくても人気が高まる事象もあったりするなど競馬業界に恩恵をもたらしているそうです。

最初はご自身が関わったことのある馬が擬人化されることについて違和感があったようですが、馬の性格や特性など細部までこだわって作ってあるようで面白いそうですよ!

武豊プロフィール

画像引用:Yahoo!ニュース

武豊(たけ ゆたか)

1969年3月15日生

身長170cm、体重50㎏

血液型はO型

京都府京都市生まれ(滋賀県栗東町育ち)の騎手。幼い頃から騎手を志しており、中学卒業後は競馬学校に進学されています。

1987年3月(17歳)に騎手デビュー。その年の10月には早くも重賞初勝利を挙げました。

デビューの年は69勝を挙げて最多勝利新人騎手賞を受賞。その後も数々のレースをこなし、今でも第一線で活躍されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ゲームであっても世の中に多大な影響もたらすことがあるんですね。今の世界のように情報社会になってきたからこそ起こりえることだと思います。これから競馬業界はどうなっていくでしょうか。また、今後の武さんの活躍にも注目です!