スポーツ

内村航平さんはモラハラ夫?33キロ激痩せの妻・千穂さん、その真相は?

1月14日に現役引退した内村航平さん。そんな彼ですが、現役引退の話よりも騒動の方が問題になっているようです。何があったのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

ウーバーですっかりモラハラ夫扱いの内村航平さん、実は子供思い?

妻の作る料理を食べずにUber Eatsを頼むと言うモラハラですっかりイメージが下がってしまった内村さんですが、実は今回の件は内村さんだけが悪いわけでは無いのではないかと捉える人もいます。

今回の報道ではモラハラと言うイメージがついてしまいましたが、その一方で子供想いの一面もあるといいます。

内村さんの知人によると、内村さんは忙しい中子供の送り迎えをしたり、鉄棒を教えたりと言うふうにいわゆるイクメンだったそうです。

ロンドン五輪時期の略奪愛って?

今回の内村さんのモラハラ報道では、内村さんだけでなく妻の千穂さんも、批判の対象になりつつあります。モラハラは内村さんが大事な時に嫁姑問題の話を持ち出したことがきっかけと言われておりその流れから「もともとは略奪愛」などと言い出す人が出てきました。

一体どういうことでしょうか。
実は内村さんには今の奥さんと付き合う前に4年ほど交際していた女性がいました。内村さんの1年後輩である千穂さんは、すでに内村航平さんが大学を卒業し、コナミスポーツ&ライフに入社してから知り合ったと言われています。

当時内村さんには彼女がいたと言われています。しかし千穂さんは、コナミの知り合いに頼み、飲み会をセッティングしてもらいました。それからもアプローチの末、さずかり婚をしたため、略奪愛と言われているそうです。

 

不仲説の姑・周子さんも嫌悪感!妻のピンヒール事件。離婚の原因は嫁姑問題も?

妻のピンヒール事件とは一体何でしょうか。いちど聞いただけだとわからないですよね。これは内村さんの大会の時に、妻である千穂さんが、露出の多い服装やピンヒールを履いていたと言うことで姑である周子さんがよく思わず、かなりご立腹だったと言われています。

お二人が一緒に試合を観戦している姿は目撃されていません。しかし周子さんご自身は嫁姑関係を否定。言い合いはあっても実際に関係がとても悪いわけではないと言う事でしたが、真実は分かりません。

内村航平プロフィール

画像引用:Yahoo!ニュース

内村航平(元体操選手)

内村さんは3歳頃から体操に触れ始めます。小学校1年生の頃に初めての大会に出場しましたが、緊張のあまり失敗し結果は最下位。

中学校3年生のときに出場した全国大会では個人総合42位と、以外にも周囲の選手よりも覚えが遅く、結果がついてくるのが遅かったようです。

高校2年生になったあたりから才能を開花させ、高校総体の個人総合1位を勝ち取ります。その後日本体育大学からのスカウトを受け、練習を重ねます。

そしてついに2008年、北京オリンピックでは団体と個人情報で銀メダルを獲得。さらに大学卒業後の2012年に行われたロンドンオリンピックでは個人総合で1位となり金メダルを獲得します。

そのほかにも、全日本選手権は2008年から2017年まで個人総合10連覇、同じくNHK杯も2009年から2018年まで個人総合10連覇を達成。世界選手権でも2009年から2015年まで個人総合6連覇を果たしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の報道にはいろいろな憶測がありますが、本人たちにしかわからないこともあると思います。誰か一人が被害者とも言えないのかもしれませんね。モラハラは悪いことですが、解決してまた表舞台に出てくださることを願っています。