スポーツ

【卒業決断の裏側】25年開催の東京世界陸上を前に、惜しまれつつも織田裕二が卒業を決断!

13大会連続で「世界陸上」のメインキャスターを務めている織田裕二さん。

そんな織田裕二さんですが、2022年大会でメインキャスターを卒業することが発表されました。

その理由はなんだったのでしょうか?

また、後任は誰なのでしょう?

織田裕二の「世界陸上」卒業の理由は?

画像引用:東洋経済オンライン

7月15日から開催している「世界陸上2022」で13大会連続で世界陸上のメインキャスターを務めている織田裕二さん。

「世界陸上」といったら織田裕二さんというイメージが付いていますよね!

ですが、2025年の東京大会を前に、卒業してしまうことが発表されました。

急だったのでとても驚きましたよね。

織田裕二さんが世界陸上を卒業する理由は、何だったのでしょうか?

関係者によると、TBSの視聴率と織田裕二さんのギャラが見合っていなかったためであるそうです。

「織田は〝身命を賭して『世界陸上』のキャスターは続けていきたい〟と漏らしていたんです。しかし、TBSは視聴率と織田のギャラ(推定1億円)を天秤にかけた場合、コストパフォーマンスが合わないことを理由に降板を決断したんです。ちょうどプロデューサーが代わり、世代交代の意味合いもあったそうです。焦った織田サイドからはギャラの値下げも提案されたそうですが…」

引用:gooいまトピランキング

この情報の真相はわかりませんが、「世界陸上」の織田裕二さんのギャラは高そうですよね。

また、織田裕二さんは現在、俳優からタレントへのシフトを考えているそうです。

朝のワイドショーなどのMCを狙っているとのことなので、今後の活躍も期待ですね!

織田裕二の後任は誰?

画像引用:デイリー新潮

織田裕二さんの後任と予想されている1人目が、武井壮さんです。

武井壮さんは、日本陸上選手権大会の十種競技で優勝経験があることで知られているアスリートです。

陸上競技には十分詳しいですし、タレントとしても活躍されているのでリポートもとても上手そうですよね。

武井壮さんが織田裕二さんの後任である可能性は十分ありそうですよね。

また、織田裕二さんの後任と予想されている2人目は、関ジャニ∞の村上信五さんです。

村上信五さんは、東京オリンピック2020や北京オリンピック2022でもキャスターを務めていたほどMCとしての経験が豊富です。

また、スポーツ中継の視聴率層が圧倒的に低いのが、若い女性なのではないでしょうか。

ファンの多いジャニーズがキャスターを務めるとなると、視聴率も必然的に上昇しそうですよね!

武井壮さんと村上信五さんのどちらが、織田裕二さんの後任に選ばれてもおかしくないですよね!

織田裕二のプロフィール

画像引用:ORICON NEWS

織田裕二(おだ・ゆうじ)

1967年12月13日生まれ。現在(2022年7月時点)54歳。神奈川県出身。

職業は、俳優・歌手。

1987年4月、東映映画「湘南暴走族」でオーディションを勝ち抜き、芸能界デビュー。

同時に歌手デビューも果たし、1991年発売の「歌えなかったラヴ・ソング」がCMにも抜擢され、売上枚数が57.5万枚を記録するほどの大ヒット。

1991年、ドラマ「東京ラブストーリー」でカンチ役を務めたことで、大ブレイク。

1997年から2022年までに渡って、「世界陸上」のメインキャスターに就任。

2010年8月、12歳年下の一般女性と結婚し、2014年10月には長男誕生。

まとめ

織田裕二さんの「世界陸上」卒業について調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

織田裕二さんが世界陸上を卒業する理由は、視聴率とギャラが見合わないことや俳優からタレントへのシフトと噂されていました。

また、織田裕二さんの後任は、武井壮さんと村上信五さんという噂もありました。

あくまで噂なので、真実は分かりませんが、織田裕二さんの今後の活躍にも期待したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。