和田誠

和田誠は週刊文春の表紙を描いていた!家系図がすごいと話題!

週刊文春の表紙を担当したことで知られるイラストレーターの和田誠さんについて今回は紹介します。

また、イラストレーターの先駆者とも言われている和田誠さんの家系もすごいと話題になっていたのでイラストレーターとしての実績が家族関係についてもまとめました。

和田誠のプロフィール

引用:ヤフーニュース

名前:和田誠(わだ まこと)

生年月日:1936年4月10日

出身地:大阪府大阪市

職業:イラストレーター・エッセイスト・映画監督

活動期間:1959年-2019年

和田誠さんは大阪市で生まれましたが、父が職を失ったことで、1945年に東京都世田谷区代田に引っ越しをしました。

しかし、戦時中ということもあり、和田誠さんは家族の元を離れ千葉県に疎開をしていたそうです。

戦争が終わり東京に戻ったのは小学3年生の時で、世田谷区立代沢小学校に転入し、東京都立千歳高等学校を経て、多摩美術大学に進学し卒業をしています。

1959年に広告制作の株式会社ライトパブリシティに入社しデザイナーとして働くようになりました。

紙たばこのハイライトのパッケージや、自社のロゴマーク社民党のロゴマークなど国内の様々な企業ロゴマークを手掛けました。

1968年に退社をし、その後をフリーランスとして活動をスタートさせ、週刊文春の表紙や、村上春樹作の「アフターダーク」など多くの作家の装丁を担当しています。

1984年には真田広之さん主演の映画「麻雀放浪記」で初監督を務め、1988年には小泉今日子さんの主演の映画「怪盗ルビィ」の監督と、その後も映画監督としても活動をはじめました。

アニメーション作家としても活動をしており、1961年にはNHK放送の「みんなのうた」で映像製作と9曲の楽曲製作に携わりました。

そんな和田誠さんですが、2019年10月7日に肺炎のため亡くなりました。

享年83歳でした。

和田誠はイラストレーターの先駆者!文春の表紙を担当!

引用:産経ニュース

和田誠さんは数々のイラストを担当し、戦後まもなくイラストレーターとして頭角を現したことで、イラストレーターの先駆者とも呼ばれています。

中でも最も長く担当したイラストが「週刊文春」の表紙です。

イラストに詳しい方のみに関わらず誰もが一度は見たことある表紙かと思います。

和田誠さんは1977年5月から2017年7月までの40年間「週刊文春」の表紙を担当してきました。

2020年10月には和田誠さんは没後1年の追悼としてこれまで和田誠さんが書いた全表紙をまとめた「表紙はうたう 完全版 和田誠・「週刊文春」のカヴァー・イラストレーション」が発売されました。

これまで和田誠さんはイラストレーターや映画監督として様々な賞も受賞しています。

和田誠さんが受賞歴はこちらです。

  • 1960年 デザイン・コンペ入賞 「たばこのハイライトデザイン」
  • 1961年 毎日出版文化省 「ぼくは王さま」
  • 1964年 毎日映画コンクール大藤信郎賞 短編アニメ映画「殺人 MURDER」
  • 1974年 講談社出版文化賞 似顔絵集「PEOPLE」
  • 1982年 角川書店日本ノンフィクション賞 「ビギン・ザ・ビギン」
  • 1984年 山路ふみ子文化財団特別賞 映画「麻雀放浪記」
  • 1994年 菊池寛賞
  • 1998年 毎日デザイン賞 「ねこのシジミ」
  • 2006年 日本絵本賞 「どんなかんじかなあ」
  • 2015年 日本漫画家協会賞特別賞 「一コマ漫画を目指す人たちのお手本として」
  • 2020年 第93回キネマ旬報ベスト・テン授賞特別賞

妻は平野レミ!息子はミュージシャンの和田唱!

引用:ヤフーニュース

和田誠さんの家族にも多くの有名人がいて、家系図が凄いと話題になっていましたのでご紹介します。

父 和田精

和田誠さんの父の和田精さんは築地小劇場の設立メンバーで、ラジオドラマなどに多数出演し「ラジオの神様」とも呼ばれていました。

築地小劇場では音響や照明を担当し、日本の音響効果の創始者でもあります。

妻 平野レミ

妻の平野レミさんは料理愛好家、タレント、シャンソン歌手として活動をしています。

和田誠さんとは1972年に結婚しています。

料理愛好家としての一面が世間で知られており平野レミさんが開発した「レミパン・レミパンプラス」は累計販売個数が150万個にもなります。

息子 和田唱

息子の和田唄さんは1996年に結成されたTRICERATOPSのボーカル。ギターを担当しています。

TRICERATOPSのすべての楽曲の作詞や作曲は和田唄さんが担当しています。

2018年にはソロ活動もスタートさせ、10月には「地球 東京 僕の部屋」もリリースしています。

長男の妻 上野樹里

和田唄さんの妻の上野樹里さんは女優として活動しており、和田唄さんとは2016年に結婚しました。

主な代表作品はこちらです。

  • ドラマ「のだめカンタービレ」
  • ドラマ「ラスト・フレンズ」
  • ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」
  • 映画「スウィングガールズ」
  • 映画「陽だまりの彼女」

次男の妻 和田明日香

次男の和田率さんの妻の和田明日香さんはタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家として活動しており、学生の時に和田率さんと結婚しました。

平野レミさん同様に料理に携わる仕事が多く、平野レミさんともよく共演しています。

まとめ

引用:毎日新聞

今回はイラストレーターの先駆者で、映画監督としても活躍した和田誠さんについて紹介しました。

今回の記事をまとめると。

  • 和田誠さんは「週刊文春」の表紙のイラストを1977年5月から2017年7月までの40年間担当していた。
  • 映画監督としても実績もあり、真田広之さん主演の映画「麻雀放浪記」や小泉今日子さん主演の映画「怪盗ルビィ」の監督も務めた。
  • 家族に有名人が多く父は和田精さん、妻は平野レミさん、長男は和田唄さん、長男の妻は上野樹里さん、次男の妻は和田明日香さんでした。

和田誠さんは2019年に83歳で亡くなりましたが、現在でも和田誠さんが作ったイラストは様々な場所で活躍をしています。

ぜひ、これをきっかけに和田誠さんイラストや映画をたくさん見てみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。