お笑い芸人

ロケで右足骨折のロッチ・中岡、「骨は折れましたが気持ちは折れていません」

お笑い芸人のロッチ中岡さんは、お笑いの他にもさまざまなロケやバラエティーをこなしているとても人気な方ですよね。そんな中岡さんが、ロケの最中に怪我をされたことが話題になっています。一体何があったのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

人気番組のロケで骨折、症状は?

お笑いコンビ「ロッチ」の中岡さんが、人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ』のロケ中に右足関節外踝(くるぶし)を骨折。全治2ヶ月の怪我を負ったことがわかりました。冠企画である「ロッチ中岡のQtube」で海外で話題になっている動画を参考に室内ランニングマシンを利用した撮影に臨み、くるぶしを強打。全治2ヶ月と診断されました。

番組担当者と中岡本人のコメント

その日は痛みを感じたため撮影は中止。後日都内で診察を受けたそうです。

「今回ケガをされた、中岡さんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」

「このような事態になったことを重ねてお詫び申し上げます。今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」(日本テレビコメントより引用)

日本テレビはこのように謝罪のコメントを発表しました。

中岡さんの仕事に関しては、医師と相談しながら足にに負担がかからない程度で続けていくそうです。

「気持ちだけ若いつもりでトライしてきましたが、いつの間にか完璧なおじさんだった中岡です。いつもスタッフさんに愚痴を言う僕ですが、怪我した時の悲しい顔を見たらそんな顔しないでほしいと思いました。いつも一緒に頑張ってきたスタッフさんとは一心同体!骨は折れましたが気持ちは折れていません。治ったらまた全力で体張らしてもらいます!」

中岡さんはこのようにコメントを発表。ファンを安心させるようなコメントでした。

ファンからは「中岡ロス」の声が殺到

中岡さんは後日、自身のインスタグラムを更新。ユーモアたっぷりのハッシュタグとともに、「中岡ロスの人へ ちょっと待っててね」とコメント。ファンからはたくさんの「中岡ロス」の声が寄せられました。

「中岡抜きのイッテQなんて考えられない」「完全にロスです」早く復活して欲しいけど、無理しないでね」「少し身体を休ませて充電しなさいって事ですかね」「中岡ロスは辛いけど待ってます」「イッテQにすぐ戻ってきて下さい 中岡さんがいないと寂しいです」などの声とともに、怪我を心配する声も多く寄せられたそうです。

ロッチ中岡プロフィール

ロッチ中岡

画像引用:Yahooニュース

中岡創一(なかおか そういち)

1977128日生。身長162㎝。O型。奈良県橿原市出身。お笑いコンビ「ロッチ」のボケ担当。

1995年、当時18歳で吉本総合芸能学院(NSC)に入校。当時はトリオで活動していましたが全く芽が出なかったため、22歳の時に芸人を引退。5年間もの間、名古屋市内のトヨタ自動車系列のブレーキ工場に勤務。

その後、現在の相方となるコカドケンタロウに誘われてロッチを結成。

2009年にキングオブコントで決勝進出し、人気となる。

まとめ

いかがでしたでしょうか。中岡さんは無理のない範囲で撮影を続けていくようで、とりあえず一安心です。本人の「治ったら体張る」という発言からも、ファンへの気遣いが感じられますね。これからも中岡さんの活躍に期待です!