未分類

【大コケの予感?】木村拓哉&綾瀬はるか主演の「東映70周年記念大作」に心配の声

木村拓哉さんといえばかつて社会現象を巻き起こしたほどの人気と魅力の持ち主として有名ですよね。今でも多くの作品に出演されています。そんな木村さんの不穏なニュースが話題になっています。詳しく見ていきましょう!

東映70周年記念 『THE LEGEND & BUTTERFLY』とは?

木村さんは来年1月に公開される東映70周年記念 『THE LEGEND & BUTTERFLY』という映画での信長役に抜擢されました。この映画は総事業費20億円にもなり、監督はNHK大河ドラマ「龍馬伝」やシリーズ映画「るろうに剣心」などで知られる大友啓史監督、脚本は相棒シリーズや「コンフィデンスマン」などの脚本を務める吉沢良太氏となっています。大きく期待がかけられた作品と言えるでしょう。

6月21日に記者会見が行われ、織田信長役(主演)な木村さんとその妻である濃姫役の綾瀬はるかさんが出席しました。大きな作品の主演ということで注目を集めていますが、今回の「キムタク」のキャスティングには賛否両論あるようです。

不発続きの木村拓哉&綾瀬はるか主演に、興行収入の心配が。。

関係者によると木村拓哉さんは「キムタク」のイメージが強く、脇役でも目立ってしまうことがあるといいます。

「圧倒的スターでアイドルとしての木村拓哉の印象が強すぎるので、本筋以外のところで良くも悪くも話題になってしまうのでしょう。例えば、マクドナルドのCMでは中指と薬指の間で挟む独特な持ち方が話題になりましたし、『未来への10カウント』の最終回でも木村さんの代名詞でもある”あすなろ抱き”と呼ばれるバックハグが話題となりました。ですが、それらは全て木村拓哉としての個性が強すぎるがゆえに起こっていることで、本来であれば商品や作品がメインとならなければならないところ。良くも悪くも『脇役』に徹することができず、本人の意思と関係なく前に出てしまうところが、現在の木村さんの評価に繋がっているのだと思います」

(フリーの演出家)

6月9日に最終回を迎えた木村さん主演ドラマ「未来への10カウント」では低視聴率を記録しているほか、今回の映画での役柄についても心配する声が上がっています。

木村さんはやはりそのオーラからか「キムタク」感が出てしまうため、信長役は合っていないのではないかという懸念があるようです。今回の映画の中で木村さんに求められるのは「時代劇らしい立ち振る舞い」。果たして役になりきることはできるのでしょうか。

「過去作もそうですが、脚本や作品の引きの強さはさすがだと思います。ですが最近は、あのキムタク感に食傷気味な人も多く、『未来への10カウント』のように終盤面白くなってきても、そこまで残れず脱落していく人が増えているように感じます。時代ものは特に『時代劇らしい立ち居振る舞い』と他を生かす演技というものも求められます」(同・演出家)

木村拓哉プロフィール

画像引用:日刊ゲンダイ

木村拓哉

1972年11月13日生まれ。身長176cm。O型。東京都出身。SMAPの元メンバー。

1987年、当時15歳でジャニーズ事務所に入所。ユニット・スケートボーイズに所属する。その翌年にSMAPが結成され、さらにテレビドラマ「あぶない少年Ⅲ」で俳優デビュー。

1991年にSMAPがメジャーデビューし、紅白歌合戦に出場。1993年(当時21歳)にテレビドラマ「あすなろ日記」に出演。俳優として注目される。その後もドラマ「若者のすべて」に出演するなど俳優としての力をつけていく。

1996年、ドラマ「ロングバケーション」(主演)が大ヒットし社会現象を巻き起こす。

直近の代表作として、テレビドラマ「ビューティフルライフ」(主演)、映画「武士の一分」(主演)など。

2016年にSMAPが解散してからは個人で活動している。

私生活では、2000年に女優の工藤静香と結婚している。

まとめ

いかがでしたでしょうか。次の映画は織田信長役だそうで、今までにない木村さんの姿がみられそうですね。公開が楽しみです。果たしてファンからの期待を形にすることができるのでしょうか。木村さんの今後の活躍に期待です!