タレント

交際相手の前妻が語った!福原愛の「略奪」と「不倫」

最近、イケメン男性と同棲が報じられた元卓球選手の福原愛さん。やっと幸せが訪れたかのように思われた彼女でしたが、実はその同棲が不倫から始まった、という噂があるようです。果たして本当なのでしょうか?

福原本人は不倫関係を否定していたが…

2021年3月、「女性セブン」で会社員・Aさん(28)との“横浜不倫デート”を報じられた元卓球日本代表の福原愛さん(33)。その後「週刊文春」はAさんが既婚者だったことを報じました。Aさんは「週刊文春」の取材に応じ、現在交際していることを認めた上で、離婚が成立しており、「不倫ではない」と説明しました。

福原さんも、「正式に交際を始めたのは離婚が成立してから」と説明しており、福原さんとAさんは健全な付き合い方をしているように見えました。しかし、Aさんの前妻の発言により福原さんとAさんが不倫関係であったのではないかという疑惑がでてきたようです。

「不倫報道後も、福原はAさんと連絡を取り合い、奥さんがいて家に居場所のいないAさんが福原の家に行くこともあった。Aさんと奥さんとの離婚協議は、かなり難航していました。それでも、福原はAさんとの連絡を断つことはできなかった。事実上、交際は継続していた形です。離婚が成立した11月になって連絡をとって交際することになったという報道もありましたが、それは明かなウソです(笑)」

(福原さんの知人)

 

前妻が語った「離婚原因は福原」の発言で、福原の好感度が再び急降下!

Aさんの前妻は、週刊文春のインタビューで、離婚の原因が福原さんであることを明かしました。このことで、福原さんのイメージが再び悪くなってしまったようです。

タレントであれば一発で干されそうな状況ですが、そんな状況でも福原さんは着々と仕事をこなしています。彼女は2021年東京五輪の卓球解説者に抜擢されたり、青森大学の客員准教授に着任したりと、着々とキャリアを積み重ねています。

青森大学の客員准教授に就任したが、世間の声は?

好感度がダダ下がりになっているにもかかわらず、なぜ仕事が途切れないのでしょうか。

それは最近の福原さんの活動が、タレントとしてではなくスポーツ選手出身の専門家としての仕事であるためだという見方が多いようです。確かに、タレントよりも専門家の方が好感度の仕事への影響は少ないですよね。

福原愛プロフィール

画像引用:Yahoo!ニュース

1988111日生

身長155

血液型はB型。宮城県仙台市出身の元卓球選手。

4歳だった1993年に宮城県の小学生の大会を制して、全国大会でもベスト16に入り「天才卓球少女」と報道されました。1994年に5歳ながら全日本選手権バンビの部(小2以下)で、史上最年少で優勝を果たし、小学校4年生だった1998年にプロ宣言をしてミキハウスと契約。 

2004年のアテネオリンピックには史上最年少の15歳で出場し、4回戦まで進出しました。

2008年の北京オリンピック、2011年のロッテルダム世界選手権、2012年のロンドンオリンピック、2016年のリオデジャネイロオリンピックなど、さまざまな大会で好成績を残しました。

2018年に現役引退を発表。

私生活では20169月に台湾の卓球選手の江宏傑さんと結婚、2021年に離婚しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。福原さんは、現在同棲を始めたことで世間をにぎわせていますが、一方で略奪愛とする見方もあるようです。彼女の好感度が復活してまた公の場で明るく振る舞える時が来るといいですね。