タレント

夕飯の献立に悩む主婦に衝撃!上沼恵美子の『おしゃべりクッキング』来春終了を発表!

上沼恵美子さんといえば、お茶の間を賑やかにしてくれるタレントというイメージですね。彼女の持つ番組の一つが終了するということで、世間を騒がせているようです。詳しく見ていきましょう!

『本当に楽しく一緒に学ばせていただき幸せでした』と感謝

人気タレントの上沼恵美子さんが20日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)生放送で、来年3月末をメドに終了するテレビ朝日系「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」に言及。27年続いた番組の終了に、1月予定の最終収録は「群青色の涙を流すかも」と思いを語りました。

上沼さんは「こんなに長く続けさせてもらえるとは思っていませんでしたが、本当に楽しく一緒に学ばせていただき幸せでした。番組を応援してくださった皆様、27年間本当にありがとうございました」とコメントしました。

若年層の視聴者獲得のため、10年続いている『クギズケ!』の継続も危ない!?

今若年層のテレビの視聴率の低下が話題になっていますよね。多くの若者はYouTubeやティックトックなどのSNSを多く利用をしています。

おしゃべりクッキングが放送終了となったとともに、『クギヅケ!』の継続も厳しくなるのではないかと言う噂が流れています。

SNSの普及によって芸能界のパワーバランスが変わりつつあるようですね。この2つの番組がなくなってしまったら、彼女の地上波の番組はゼロとなります。上沼さんはどう対処するのでしょうか。

今後の予定「YouTubeは老後の楽しみ!」

発売中の「女性自身」では上沼さんを直撃。上沼さんは、番組終了に関して「聞いていない」とコメントしました。今後について「YouTubeは老後の楽しみ」と新規市場の開拓に意欲を見せているといいます。

そしてなんと既に初回配信分は収録済み。人生相談、料理配信、歌や踊りと、“上沼番組の全部のせ”状態で挑むようです。11月にはシャンプーハットのてつじさんのYouTubeにゲスト出演していることから、今後は後輩芸人とのコラボも期待されています。

YouTubeが楽しみになってきましたね。

上沼恵美子プロフィール

画像引用Yahoo!ニュース

上沼恵美子(かみぬまえみこ)
1955年4月13日生まれ。身長は164センチ。

上沼さんは、1971年に姉とともにお笑いコンビ「海原千里・万里」としてデビューしました。巧みな話術で人気者になり、「漫才界の白雪姫」の異名をとりました。

コンビは1973年に「NHK漫才コンテスト」の最優秀賞を受賞。

その後1975年に「大阪ラプソディー」をリリースして、40万枚のヒットとなります。

1976年には映画「トラック野郎・望郷一番星」に出演。 

また、1977年に結婚を機にコンビを解散して芸能界からも引退したものの、19787月に復帰。 

以降は関西圏でローカルタレントとして活動するが、1990年代から全国区の人気を得ました。

「いつでも笑みを!」や「快傑えみちゃんねる」、「おしゃべりクッキング」など多数の番組に出演。

夫は関西テレビの元プロデューサーで、息子さんが2人いらっしゃいます。

まとめ

SNSの普及により、地上波の番組に多く出演していた芸能人はSNSへの転換を余儀なくされました。上沼さんもそのうちの1人と言えるでしょう。これは試練と言えるかもしれませんが上沼さんのYouTubeがとても楽しみですね。今後の活躍に期待です!