男性俳優

東出昌大「独立するんだ」ついに事務所からも “三行半” が!

昨今、女性問題で世間を騒がせている俳優の東出昌大さん。そんな彼が、独立するという情報が出ており、話題になっています。詳しく調べてみました!

相次ぐ女性問題!1月31日ついに事務所から愛想を尽かされ退所へ!

俳優の東出昌大(33才)さんが1月いっぱいで所属事務所を退所すると報じられました。本人はこの先「フリーでやっていく」と決めたそうです。

「東出のスキャンダルが1回だったら、事務所を退所することにはならなかったでしょう。不倫騒動によるCMの違約金は2億円とも3億円とも言われていますが、事務所が各方面に頭を下げまくり、何とか映画の仕事は入ってきていた。しかし、その撮影現場に女性を連れ込んでいたというのですから、事務所が激怒するのも当然です。もともと芸能界では事務所移籍はタブー視されていますから、不祥事続きの彼を拾う事務所はなかなか現れないでしょう。

フリーになればギャラは自分が“総取り”ですが、マネージャーやスタイリストの給料や経費は自腹ですし、スケジュール管理や細かい打ち合わせなども自分でこなす必要があります。度重なる醜聞ですっかりネガティブなイメージがつき、役者の仕事も役柄も縛られますし、まさに八方塞がりでしょう」(芸能記者)

ですが、フリーになった役者に待ち受けるのは茨の道。この先を問題視する関係者が多いようです。

CMは無理でも『映画や舞台で十分やっていける』と 本人は“皮算用”

「じつは、今も東出さんへのオファーは映画や舞台を中心にたくさんあるんです。実現したものこそ少ないですが、オファーの数自体は騒動以前と比べて遜色ありません。  また、東出さんはほかの芸能事務所の後輩たちとも仲がよく、情報交換をしていて、オーディション情報の共有や映画監督の紹介などのアシストを受けています。自ら営業をかけて役を手にしたこともあったようです。  本人からしたら、『女性問題で炎上してもこんなに仕事が来るのだから、CM出演はさすがに無理でも、映画や舞台のギャラだけで今後も十分やっていける』と “皮算用” をしているようです。  親しい後輩たちには『これでいろいろうるさく言われなくてすむ』とせいせいした様子で話しています。最初はマネージャーもつけず、すべて一人でやる予定のようです」(某テレビ局員)

東出さんは杏さんとの離婚協議では、3人の子供に対し、1人あたりわずか月1万円という養育費を提示したといわれています。このようなお金のない状態で、この先やっていけるのか、とも思われますが、本人は独立に向けて燃えているのだとか。

『コンフィデンスマン』以外の俳優活動は厳しい、との映画関係者の意見も

そんな東出さんにとって“最後の砦”が『コンフィデンスマン』シリーズ。同作は2018年にドラマが大ヒットして映画化され、興行収入は第1弾が29億円、第2弾が38億円を記録。現在公開中の第3弾も、公開から10日で興行収入は12億円に達しています。早くも出演者からは第4弾を期待する発言も出ているようですが、難しいのは東出さんの扱いです。

フリーになっても仕事がうまくいく役者は限られており、クライアントなどと信頼関係がしっかり構築されていない限りは難しいと言えます。

東出昌大プロフィール

画像引用:Yahoo! ニュース

 

東出昌大 198821日生

身長189㎝ 体重72kg、血液型はA型

埼玉県出身の俳優、ファッションモデル

2004年、16歳の時「メンズノンノ」のオーディションでグランプリを獲得。18歳でパリコレモデルに起用されました。

2011年に映画「桐島、部活辞めるってよ」に出演。2013年にはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」と「ごちそうさん」に2作連続出演しました。

私生活では、2015年に杏さんと結婚。2020年に離婚されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。芸能界は人脈が大事になってくるのでフリーでの活動は大変だと思いますが、東出さんはまだまだ若く、実力もあるので頑張ってほしいですね。今後の活躍に期待です!