お笑い芸人

アンジャッシュ渡部、テレビ復帰も「暗すぎる」と不評

アンジャッシュの渡部さんといえば、「多目的トイレ不倫」が原因でテレビの仕事から退いたという出来事が、記憶に新しいと思います。そんな渡部さんですが、ついに復帰を果たされたそうです。果たして視聴者や芸能人からの意見はどうなのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

渡部建「白黒アンジャッシュ」でTV復活も「暗い」「重すぎ」と不安視の声

不倫騒動で活動自粛していたお笑いコンビアンジャッシュの渡部健さんが、約1年7ヶ月ぶりに復帰することが、放送関係者らの取材でわかりました。
渡部さんが復帰を果たしたのは「白黒アンジャッシュ」という関東ローカルの番組。渡部さんが活動を休止している間は相方の児島さんが単独で司会を務めていました。渡部さんが復帰した回では、番組の序盤から暗い雰囲気が漂っており、視聴者からは「暗い·重い」といった声が相次ぎました。

矢作兼、カンニング竹山は「“悪·渡部”を知っている」世間とのイメージのズレに苦言

渡部さんと同じ事務所のおぎやはぎさんと、親交の深いカンニング竹山さんはフジテレビ系のテレビ番組に出演。渡部さんが活動を自粛していた間、連絡を取れていないことを明かしました。
小木さんは、「(連絡を」取りたかったですけど、番号も変えられちゃってる」と、矢作さんは「(関係を)切られる方に入っちゃった。いい友達じゃなかったみたい」と語りました。
一方で、渡部さんから復帰の件を伝えられたと言う竹山さんは、「人を雑に扱うとか調子乗ってる、それが渡部建」と、言い切りました。芸能人同士の仲も、あまりよろしくないようです。

開き直るしかない?立ち位置も微妙、需要がなくなるのは目に見えている

せっかく復帰を果たした渡部さんですが、このような薄い歓迎ムードの中では立ち位置が微妙になってきますよね。千葉テレビは渡部さんの復帰について「賛否両方のご意見をいただいております」と、コメントを発表。
番組は今後もアンジャッシュの2人で継続していくそうです。ちなみに次週の収録は既に終えており、内容については、前回のような重い内容ではなく、しっかりしたバラエティーになっているそうです 

渡部建プロフィール

渡部健
画像引用:Yahoo!ニュース

渡部建(お笑い芸人:アンジャッシュ)

1972年9月23日生まれ。東京都八王子市出身。

1993年に同級生の児島さんとアンジャッシュを結成し、ツッコミ担当としてブレイクしました。コンビを結成したのは大学生の時で、その後大学についてはしっかりと卒業なさっています。23歳の時にお笑いコンビアンジャッシュでデビュー。その後、1999年、当時27歳の時に「お笑いオンエアバトル」で優勝 。その後、様々なバラエティー番組に出演。私生活では佐々木希さんと結婚して話題となりました。

2020年不倫騒動で活動自粛。そして2022年50歳で芸能活動再開を発表しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。渡部さんは復帰を果たしたものの、渡部さんを歓迎する空気が薄いように思います。私で罪を償ってもとのような活動ができるようになるのでしょうか。奥さんやお子さんの為にも、頑張ってほしいですね。