お笑い芸人

「ア~メ~マ~!」お笑い芸人・間寛平が吉本新喜劇のGMに就任!

お笑い芸人として大人気の間寛平さん。最近はCMでもよく見かけますよね。そんな彼が吉本新喜劇のGMに就任したということで話題になっています。一体どのような経緯だったのか、また、今後の展望も気になりますね。詳しくみていきましょう!

お笑い芸人の間寛平が2月9日に吉本新喜劇GM就任発表会見!

お笑い芸人である間寛平さんが2月9日に吉本新喜劇GM就任発表会見に出席し、新喜劇専用の劇場建設、新喜劇祭りの開催プランなどを語りました。GMとはゼネラルマネージャーの略。かつて24歳で座長に就任した新喜劇は、寛平さんの原点ともいえるところ。若手の育成に熱心な姿勢を見せました。

寛平さんは「若手を育ててほしいと言われましたが、『社長、僕まだ育ってないんだけど、育ってない人間が育てるのは大丈夫ですか』」と当初は返答していたようですが、最終的には承諾したそうです。どんな経緯があったのでしょうか。

吉本新喜劇GM大抜擢までの経緯は?

間さんは会見で、吉本新喜劇GMに抜擢されるまでの経緯も話しました。

「吉本に入って今年で52年ですけど、50年のときに全国ツアーをまわろうかなと思っていましたがコロナでできなかった。去年、51年に50周年プラス1で全国をまわろうと、東京(公演)からスタートした。それを見た社長がものすごく面白い、と。今の新喜劇じゃない、ちょっと前くらいの新喜劇を僕はやっていた。社長(岡本昭彦氏)はこれやと思って『会社の方に来てくれへんか』と」

この会話があったのが昨年6月のこと。その場でGM就任を打診され受諾したそうです。

「確かに今まで育てたことはありません。弟子に来た人間もほとんど育っていません。僕も引退を考えていた、この年なんで。それでも(やってほしいと)こんだけ言ってもらえるんやったら、じゃあ頑張ってみようということで引き受けた」

(本人コメントより引用)

引退を考えていたんですね。引退を考えるような年齢でもこのようなオファーが来ると言う事はよっぽど必要とされているのでしょう。どのような形で若手を育成しようと考えているのでしょうか。

劇団員109人!若手のためにも新喜劇劇場をもう一つ!

「ほんま、やりますよ!」と間さんの育成モードは全開。昨年6月以降、月に2回ほど打ち合わせを重ね、109人の座員ひとりひとりの頑張っている姿を視察するなど、仕事に力が入っています。

「必ず大スターを作ります。僕のギャグを若手にあげます。いらんって言うかも分らんけど」

(本人コメントより引用)

このように自分のギャグ若手にあげると言うことを明言しているそうです。熱心さが感じられますね。

間寛平プロフィール

間寛平

画像引用:Yahoo!ニュース

間寛平(はざまかんぺい)

1949年7月20日生まれ。日本のお笑いタレント、喜劇俳優、歌手、吉本新喜劇のゼネラルマネージャー。

間さんは高校時代から石原裕次郎さんに憧れて歌手を目指して上京するも、挫折を経験して大阪に戻り、様々な職業を経験します。

その後20歳の頃からお笑い芸人になることを志し、当時大阪で人気の高かった「すっとんトリオ」に弟子入り。その翌年には吉本興業に籍を移し吉本新喜劇の研究星となりました。

24歳で座長に昇格。劇団員としてのキャリアを積んで行きました。

「アメマ~」や「かい~の」などのギャグで人気者となり、「マジカル頭脳パワー」などの数多くのテレビ番組に出演。また、俳優としても活躍しドラマや映画に出演しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。間寛平さんと言えば、最近ではマラソンやCMのイメージが強かったと思います。今回よしもと新喜劇のゼネラルマネージャーに就任したと言うことで新たな活躍が期待できそうです。楽しみですね。