男性俳優

俳優・新田真剣佑プロデュースの脱毛サロンが約1年で”全店閉店”!

人気俳優の新田真剣佑さんは俳優活動やモデル活動だけでなく、実業家としての挑戦もしていました。そんな新田さんがプロデュースしていた脱毛サロンが、全国一斉に閉店となったようです。一体何があったのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

新田がプロデュースの脱毛サロン「AmSALON」が2022年5月末にサービス停止していた!

真剣佑さんがプロデュースしたサロン、AmSALONは2021年4月にに東京の池袋、5月には福岡の天神にオープンしました。真剣佑さんがプロデュースしたことで大々的に宣伝し、次のようなコメントを残されています。(一部抜粋)

「私、新田真剣佑は、幼少期にアメリカで育ち、2014年から日本での生活をスタートさせました。私が日本に帰ってきて驚いたこと、それは、なぜこんなにも女性のお肌のケアが行き届いているのか?という点です」(本人コメント)

 

「欧米で主流の、すぐに効果が出るワックス脱毛、日本で主流の、将来も生えづらくなる光脱毛、これを同時に施術し、『日米のいいとこ取り』をした美容で、美意識の高い女性の皆様にも満足いただける価値を提供できると考えました」

(本人コメント)

日米のいいとこ取り、とあってとても期待が高まるような記事ですね。真剣佑さん自身の体験から起業を決意したようです。「芸能人のサロンは詐欺級に高い!」と言われることが多いですが真剣佑さんのサロンはなかなかお手頃なお値段で、口コミも好評でした。

しかし、今年の5月をもって池袋及び天神の店舗を閉店することが決まったようです。

AmSALON (株式会社AMサロン)は事業統合に伴い、2022年5月末日を持って池袋店・天神店におけるサービスの提供を停止させていただく運びとなりました。      ご愛顧いただいた皆様へ心より感謝申し上げますとともに、急な報告となり、ご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます。

(AMサロン公式サイトより引用)

まだどのような理由によって閉店となったのかは明らかにされていませんが、真剣佑さんの忙しさなどもあったのかもしれませんね。

脱毛サロンをプロデュースしている芸能人

芸能人の多くは副業で株や不動産投資、アフィリエイト、飲食店経営、出版などをしていることが多いですよね。真剣佑さんの他にも脱毛サロンを経営している芸能人はいます。一人ずつ見ていきましょう!

1.手越祐也

画像引用:Yahoo!ニュース

手越祐也さんは、脱毛サロン経営の経験があります。2020年6月にジャニーズ事務所を退所し、YouTubeや会社経営に力を入れたようです。ところが今年の2月、週刊文春が経営危機を報じ、その3ヶ月後には全店閉店となりました。本当に手越さんが経営に関与しているのかという疑惑も浮上し、調べてみたところ手越さんは経営ではなく株主・オーナーという立場であることが発覚したそうです。

「最大7店舗にまで増えたのですが、顧客が減って売り上げが激減。今年の1月末に他店との統合などで5店舗になりました。従業員もオープン時から合計で36人いたのですが、待遇が嫌になった人も多く、半数にまで減ったのです」(従業員コメント)

手越さんの仕事は経営ではなく、名義貸しといったところでしょうか。実際に事業を立ち上げたわけではなく、知名度を利用して宣伝する役割だったようです。

ローランド

画像引用:Yahoo!ニュース

続いては、歌舞伎町ナンバーワンのホストとして活躍し、今はメディア露出やYouTube活動に力を入れているローランドさんです。経営しているサロンは「ローランドbeauty lounge 」というもの。このサロンはYouTubeやローランド自身のSNSによって大々的に宣伝されており、大盛況となっています。

新田真剣佑プロフィール

画像引用:AmSALON公式サイト

 

新田真剣佑

19961116日生。身長176cm。B型。アメリカ・ロサンゼルス出身。

2005年にテレビドラマ「アストロ球団」で俳優デビュー。その後、11歳で「親父」にて映画デビュー。2014年、「世にも奇妙な物語 ’14秋の特別編『シャドーボクシング』」にて主演出演。

2017年、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞受賞。

代表作に「ちはやふる」「サヨナラまでの30分」(主演)「ブレイブ 群青戦記」(主演)など。

まとめ

いかがでしたでしょうか。なぜ全店閉店となったのかは明らかにされていませんが、今後、今までサロンを使っていた人に対しては然るべき対処をし、閉店となるそうです。サロン経営は失敗に終わってしまったようですが、今後も頑張ってほしいですね。