女優

黒木瞳の娘のいじめ事件とは?現在はどうしている?

元宝塚歌劇団月組トップ娘役で現在は女優や司会者としてマルチに活躍している黒木瞳さんですが、過去に娘さんが起こしたいじめ事件で非難されたことがあります。

そこで、今回は黒木瞳さんの娘さんが起こしたいじめ事件の概要を紹介すると共に、娘の現在についても調査しましたのでご紹介します。

また、被害者女性が芸能界デビューもしていましたので、その人物についても紹介します。

黒木瞳のプロフィール

引用:ヤフーニュース

名前:黒木瞳(くろき ひとみ)

生年月日:1960年10月5日

出身地:福岡県八女市(旧八女郡黒木町)

身長:163㎝

職業:女優・歌手・映画監督・元宝塚歌劇団月組トップ娘役

活動期間:1981年-

所属事務所:ポエムカンパニーリミテッド

黒木瞳さんは1981年に宝塚歌劇団月組娘役として入団し、初舞台は「宝塚春の踊り」ですす。

1982年には朝の情報番組「おはよう朝日です・土曜日です」でレギュラー出演し、在団中に映画「南十字星」にも出演しています。

入団2年目で大地真央さんの相手役を務め、トップの娘役に就任し、大地真央さんの指名で黒木瞳さんが相手役に抜擢されたと後に語られています。

宝塚を退団してからは女優に転身し、初の主演作品で1986年に公開された映画「化身」では全身ヌードを披露し話題になりました。

その演技は高く評価され「日本アカデミー賞で新人俳優賞」を受賞しています。

その後は多くのドラマ・映画に引っ張りだことなり数々の作品に出演しました。

黒木瞳さんの主な出演作品はこちらです。

  • ドラマ「八代将軍吉宗」
  • ドラマ「GOOD LUCK!!」
  • ドラマ「白い巨塔」
  • ドラマ「過保護のカホコ」
  • ドラマ「TWO WEEKS」
  • 映画「化身」
  • 映画「仄暗い水の底から」
  • 映画「20世紀少年」シリーズ

司会者としても高く評価されており、1999年、2000年には「輝く!日本レコード大賞」2005年~2009年には「FNS歌謡祭」2007年、2011年には「24時間テレビ 『愛は地球を救う』」で司会・パーソナリティーを務めています。

黒木瞳の娘のいじめ事件とは?

引用:ヤフーニュース

女優・司会者として活躍している黒木瞳さんですが、1990年に電通社員の一般男性と結婚し、1998年には娘さんがいることも公表しています。

この娘さんですが、中学時代にいじめ事件を起こしたことでネット上で話題になり、現在でも語られていました。

黒木瞳さんの娘さんが起こしたいじめ事件とはどんなものだったのか?

娘が起こした事件とは?

黒木瞳さんの娘さんは青山学院中等部に在籍していました。

そんな娘さんはいじめの加害者グループのリーダーだったそうです。

娘さんが起こした事件は、同級生の女子生徒をトイレの個室に呼び出し、服を無理やり脱がせ男子生徒にレイプさせたという事件です。

この様子は携帯でも撮影するなどとても卑劣ないじめでした。

黒木瞳さんの娘は男子生徒を2万円で買収し、女子生徒をレイプしろと命じたそうです。

この一連の事件は週刊誌によって明るみとなり、実行犯の男子生徒は停学、他の加害者たちは3日の停学処分だったそうです。

かなり軽い処分だった理由にはわけがあり、加害者生徒の両親が経営者や社会的に影響力の強い人物だったかたと言われています。

この軽い処分に対しても物議が交わされ、社会全体を巻き込む騒動になってしまいました。

これまで、常に高く評価され、好感度も高かった黒木瞳さんですが、娘さんが起こした事件の影響で好感度は下がり、非難される始末となってしまいました。

この事件に対して、親である黒木瞳さんが何も語らなかったこともバッシングされたの理由のようです。

黒木瞳の娘は現在どうしている?

引用:ヤフーニュース

卑劣な事件を起こした黒木瞳さんの娘さんですが、現在はどうしているのか?

娘さんの写真は全く明かされておらずネットにも情報はありませんでした。

母を追い、宝塚歌劇団を受験したそうですが、結果は不合格だったこともわかっています。

中学生時代にこれだけ大きな事件を起こしているわけですから、例え黒木瞳さんの娘であっても合格させるのは難しかったのかもしれませんね。

もちろん、実力の問題もあるでしょうが。

大学ですが、日本の大学ではなく、慶応義塾ニューヨーク学院に事件後に転向したそうです。

黒木瞳さんの娘さんとして日本では知られており、大きな事件を起こしてしまったので現在は日本にはいないのではないかとも言われていますが、真相は不明です。

黒木瞳さん自身は娘の件で謝罪会見は開いていませんので、娘の現在の様子などは公にしたくないかもしれないですね。

被害者女性は芸能界デビューしていた

実は黒木瞳さんの娘の起こした事件の被害者女性が芸能界デビューをしていました。

名前は山木コハルさんという方で、オスカープロモーションが主催する「第13回全日本国民的美少女コンテスト」でファイナルまで進んでいます。

過去に女優の米倉涼子、武井咲さん、剛力彩芽さんなども受賞しているとても狭き門です。

山木コハルさんは演技部門賞を受賞しています。

父親はドラマーの山木秀夫さんで、山木コハルさんも女優として活動する傍ら歌手としても活動しています。

現在はオスカープロモーションからTWIN PLANETに移籍し活動しています。

今後、さらに活躍されることが期待されていますので山木コハルさんにもぜひ、注目してみてください。

まとめ

引用:エキサイト

今回は黒木瞳さんの娘が起こしたいじめ事件や娘の現在などについて紹介しました。

今回の記事をまとめると。

  • 黒木瞳さんの娘が青山学院中等部時代にいじめグループのリーダー格で、男子生徒に指示をし、女子生徒をレイプさせた。
  • 娘はその後、慶応義塾ニューヨーク学院に転校したが、現在何をしているかは不明。
  • 宝塚歌劇団の入団試験にも受験しているが、結果は不合格だった。
  • いじめの被害者の山木コハルさんは現在女優、歌手として活動をしていた。

今後、この騒動について語られることはあるのかも注目されていますが、いじめ加害者の親たちが社会的影響力が強い人物だったことで、子供たちの処分が軽く済んだということのほうが物議を交わした事件でもありました。

最後までお読みいただきありがとうございました。