【イケメンの巣窟!】ジャニーズ人間国宝顔面ランキング ベスト3

先日、みんなの投票で「ジャニーズメンバーイケメンランキング」でジャニーズのイケメンランキングが発表されました。

数々のイケメンたちを輩出してきたジャニーズ事務所のイケメンランキングということでランキング上位者の正体が気になるところです。

そこで今回はジャニーズ人間国宝ランキング・ランキング上位者のプロフィールについてご紹介してきたいと思います。

ジャニーズ人間国宝ランキングの結果

ジャニーズ人間国宝ランキング上位10人の顔ぶれは下のようになりました。

    1.佐藤勝利
    2,山田涼介
    3.平野紫耀
    4.中島健人
    5.道枝駿佑
    6.目黒蓮
    7.京本大我
    8.永瀬廉
    9.松村北斗
    10.木村拓哉
    1〜10位の間にSexy Zone、SixTONES、King&Princeのメンバーが2人ずつランキングに入っています。
    このことから、3グループが現在ジャニーズの中で人気のあるグループと言えるでしょう。
    20代のジャニーズタレントがランキングを占める中、10位にランクインしたのは、今年で50歳を迎える木村拓哉さん。
    木村さんがジャニーズ事務所に入所したのは1987年で、ベスト10入りしたメンバー全員が生まれる前に芸能界の世界へ飛び込んでいます。
    2016年12月31日にSMAPが解散後も俳優業やタレントだけでなくソロ歌手としても活動していることもランクインした要因かもしれません。

3位 平野紫耀のプロフィール

画像引用:オリコンニュース

ジャニーズ人間国宝ランキング・3位にランクインした平野紫耀さん。

平野さんは1997年1月29日生まれです。

ダンススクールに所属していた際に合宿で上京をし、光GENJIや少年隊の振り付け担当だったボビー吉野さんのレッスンを受けることになりました。

その場でジャニー喜多川さんに紹介をされ、2012年2月にジャニーズ事務所に入所することになります。

その後、2018年に「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」でGP帯の連続ドラマに初出演を果たし、King&Princeとして主題歌「シンデレラガール」を発売してCDデビューも果たしました。

そんな、平野さんはファンや共演者から天然ボケで話題になっています。

このようにファンからは天然なキャラクターも愛される要因になっているようです。

また、ハスキーボイスも特徴的で芸能界の大御所・明石家さんまさんも顔だけでなく、声にも注目していることをテレビやラジオで発言していました。

2位 山田涼介のプロフィール

画像引用:日刊サイゾー

ジャニーズ人間国宝ランキング・2位にランクインしたのは山田涼介さん。

山田涼介さんは1993年5月9日生まれです。

KinKi Kidsのファンだった母親と姉がジャニーズ事務所に履歴書を送ったことがきっかけでジャニーズのオーディションを受けることになり、2004年にジャニーズ事務所に入所します。

2007年にHey! Say! JUMPを結成し、メジャーデビューを果たしました。

その後はアイドル活動に加え俳優業にも力を入れ、2015年に映画「暗殺教室」で映画初主演で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

山田涼介さんはレッスン場で4時間踊った後に毎日家で3時間の自主稽古を行った経験や骨折しても無理矢理レッスン場に行ったこともあるように、イケメンな素顔からは想像できないような泥臭い一面もあります。

1位 佐藤勝利のプロフィール

画像引用:オリコンニュース

ジャニーズ人間国宝ランキング・1位は佐藤勝利さん。

佐藤勝利さんは1996年10月30日生まれです。

2010年にオーディションに合格し、ジャニーズ事務所に入所。

2011年9月にはSexy Zoneの一員としてCDデビューします。

ドラマでの出演だけでなく、2017年にラジオレギュラー番組をスタートさせたり、2021年にはバラエティー番組・VS魂のレギュラーメンバーとして出演するようになるなど露出の幅を広げています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「ジャニーズメンバーイケメンランキング」のランキングまとめ、1〜3位のジャニーズタレントのプロフィールをまとめてみました。

各々のタレントごとで露出の幅が違う点もランキングに影響しているかもしれませんね。

これからも、自分の推しのジャニーズタレントを応援していきましょう。

[関連記事]

【スポーツ界のおしどり夫婦】ダルビッシュ聖子 結局子供は何人?
【ついにガーシー砲直撃!】ロンドンブーツ淳の女癖の悪さを暴露!政界進出に影?
【直筆の手紙500通!?】熱闘甲子園でおなじみのヒロド歩美が球児に綴った思い