お笑い芸人

【1日に2度も?】インパルス堤下敦が物損事故。。過去にも。

お笑いコンビ、インパルスの堤下さんが、車で看板やガードレールなどに衝突する事故を起こしたことが報道されています。この1回ではないようで、関係者やファンからも心配の声が上がっています。詳しくみていきましょう!

6月14日インパルス堤下が、運転する車が都内のコンビニで物損事故。詳細は?

事故の状況↓

画像引用:Yahoo!ニュース

お笑いコンビ「インパルス」の堤下さんの起こした事故は、この日2回に及んだそうです。6月14日、都内で運転中に物損事故を起こしていたことが17日に取材で発覚したということでしたが、報道によると怪我人は出ていないそう。堤下さんは事故直後、自分の力では立っていられないほど意識がはっきりしない状態だったようで、この状態が事故を引き起こしたと考えられます。

堤下さんは2017年にも似たような事故を起こしており、運転免許の返納を決めたそうです。また、所属先の吉本興業は堤下さんの活動自粛を発表しました。

捜査関係者によると、堤下さんは14日午後2時15分ごろ世田谷区上用賀のコンビニ駐車場を車で出る際にレンタル自動車の看板と接触。そして駐車場から出る際に駐車場から片側1車線の通りに出て近くのガードパイプにも衝突しました。そのぶつかった2か所は20mしか離れていなかったそうです。これを踏まえると、1か所目にぶつかった直後にガードレールに衝突したということになります。

目撃者によると、2度目の事故の現場から数十メートル離れた交差点で、様子のおかしい運転に気づいた男性が運転手に向かって車を降りるように促したということです。目撃者によると「しばらくして運転席から降りてきたが、フラフラで自分では立てないほど。声を掛けた人に支えられる感じで、ズボンもずり落ちてしまっていた」とのこと。朦朧とした状態でパトカーや救急車が来た後も自力で動けず救急隊員に支えられていたということでした。警視庁は堤下さんから任意で事情を聞くなどして調査を進めるとのことです。

2017年にも4カ月で2度の車による事故を起こしていた。

2017年にも同様の事故を起こしていたとのことでしたが、その時は睡眠導入剤の影響で正常な運転ができないまま運転したことで事故を起こしたとされています。略式起訴処分を受けましたが、なんとその4ヶ月後の10月にもごみ収集車に追突する人身事故を起こしています。この時も吉本興業から無期限謹慎処分を受け、芸能活動を1年間休止しています。また、運転免許取り消しの処分を受けたものの、関係者の情報によると2年後に再取得したとのことでした。

再度の事故の報告を受け、吉本興業は堤下さんの活動自粛を決定しました。吉本興業はあわせて「警察の捜査に協力し事実確認を進めている。深くお詫び申し上げます」とコメント。堤下さん本人もSNSで謝罪し、看板やガードパイプの賠償を進めるとともに「同様の事故を起こしてはならないので、運転免許は返納することとしました」と発表しました。

SNSでは芸能人の仲間からも心配の声が上がっており、キングコングの梶原さんは「なにやってんだよ。。まじで。」「連絡が取れなくて心配。事実確認はまだできていないけど…。俺は離れないぞ」とツイートしました。本人の名前は出さなかったものの、心配していることが伺えます。

インパルス堤下敦プロフィール

画像引用:デイリースポーツ

堤下 敦(つつみした・あつし)1977年(昭52)9月9日生まれ、横浜市出身の44歳。98年に東京4期生としてNSCに入学。同年に板倉俊之と「インパルス」を結成。ツッコミを担当する。2009、11年とキングオブコントで決勝に進出。フジテレビ「はねるのトびら」など出演。

まとめ

いかがでしたでしょうか。事故のためしばらくの間活動自粛とのことでしたがその間に事故の原因も治すことができたらいいですね。また復帰してくださることを心より願っています。