女優

「梨園の妻」No.1といえば藤原紀香!片岡愛之助と結婚後、人気が出てきたワケ

片岡愛之助さんと結婚されたことで有名な藤原紀香さん。片岡さんと結婚されてから人気が出てきたようですが、それはなぜなのでしょうか。背景には何があるのか気になりますね。詳しく見ていきましょう。

成人の日、インスタグラムに自身の振袖姿を投稿!フォロワーからは大絶賛

画像引用:Yahoo! ニュース

つい先日、成人の日がありましたね。今年も昨年に続き、コロナ禍での成人式開催となりました。そんな成人の日に藤原さんがインスタグラムに投稿した写真が反響を呼びました。新成人への祝福の言葉とともに、自身の成人式の写真をアップ。これに対し、フォロワーからは「全然変わってない!」「二十歳でもう完成している」など美しさをたたえる声が相次ぎました。

 

天真爛漫なイメージから一変!最近ではSNSで『いい奥さん』と評価

「藤原といえば日本人離れした抜群のスタイルとギャップのある天真爛漫なキャラクターで人気を博し、2000年代前半は10本以上のCMに出演しました。初主演作となった『ナオミ』をはじめ、『ハッピーマニア』、『昔の男』など話題となったドラマへの出演が続きました。しかし、どこか高飛車にみえるイメージに加え、陣内智則との離婚、そして“略奪婚”とも報じられた片岡愛之助との再婚、さらに最近では効果が疑問視されている水素水を過剰に宣伝していたことなどもあり、世間の印象はお世辞にも良いとはいえなかった。恒例の『週刊文春』の『女が嫌いな女ランキング』では2017年ごろまでは上位に入っていました」(女性週刊誌の芸能担当記者)

このように、高飛車に見えるのに加え離婚や略奪婚、水素水の過剰な宣伝で世間のイメージはあまり良くなかったようです。しかし最近は、ギャップを見せつつ親しみやすいキャラクターになっています。

「『格付け』では、ランクアップのための救済措置で土下座をするシーンもあったのですが、その所作がすごく美しかったですね。『さすが梨園の妻』という視聴者のコメントもありました。また、『バスの旅』では、足を痛めたにもかかわらず長時間歩き続け、弱音もグチも吐かずに歩き切っていました。こちらもSNS上では『周囲への気遣いがすごくてイメージが変わった』『ポジティブでステキ』など彼女に好感を抱いた視聴者が多かったようです。番組内では老眼の話などもざっくばらんに話していて、見た目の若さとのギャップに驚く声も多くありました」(テレビ情報誌の編集者)

一度失った好感度を取り戻すのは相当大変であると思いますが、ここまでイメージアップしたのはすごいですよね!

贔屓筋も認めた「梨園の妻」になって5年、紀香の接遇術で公演の入場者数2割増し!

藤原さんは「梨園の妻」になって5年がたちました。その間に周囲からの目も変わって来たようです。『女性自身』(2021年7月13日号)は、「藤原紀香 贔屓筋も絶賛のすご腕接遇術“三田寛子超え”の声も」という記事を掲載。義理の父親で人間国宝にもなった片岡秀太郎さん(享年79歳)が生前、結婚に際し「3年しかもちませんわ」と周囲に漏らしていたそうですが、ここ2~3年は「できた奥さんだ」と認め、最期には感謝の言葉を口にしていたといいます。何百人もの贔屓筋の個別情報を藤原は頭の中にインプットしており、顔を見ただけで名前や情報を思い出し、会話しているのだとか。同記事によると、彼女が来場する愛之助の公演の入場者数は、来場しないときと比べ2割り増しになるそうです!すごいですよね!

 

藤原紀香プロフィール

画像引用:Yahoo!ニュース

名前 藤原紀香(ふじわらのりか)
出身 兵庫県西宮市
生年月日 1971年06月28日
身長 171cm
職業 モデル・グラビア, 役者・俳優, タレント

1992年にミス日本グランプリを受賞。

1993年には東レの水着キャンペンガールに起用され、クイズ番組「クイズ!紳助くん」のアシスタントとしてテレビ初出演。水着や着物のキャンペーンモデルを務めたのち、バラエティ番組などで活躍。また、女優としてTVドラマ「ナオミ」(99年)や「スタアの恋」(01年)、「だめんず・うぉ〜か〜」(06年)などで主演を務めました。

私生活では、20072月にお笑い芸人の陣内智則さんと結婚するも、20093月に離婚。その後、20163月に歌舞伎俳優の片岡愛之助と再婚されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。芸能人など人前に出る人にとって好感度はとても重要です。一度失ったイメージを取り戻すのには時間がかかります。藤原さんもこの調子で、どんどん仕事をこなしていってほしいですね!今後の活躍に期待です!