女優

広瀬アリス、もう“すずの姉”、“妹の七光り”とは言わせない!

広瀬アリスさんといえば最近はドラマやバラエティ番組などで見る機会が多くなってきた女優さんですよね。最初は「広瀬すずの姉」というイメージが強かったようですが最近はアリスさん本人の知名度も高い気がします。そんなアリスさんの最新の出演が話題となっているようです!

姉妹デビュー後、両者の活躍に徐々に差がつき始める

広瀬姉妹のスタートはどちらも「ミスセブンティーン」のグランプリ受賞(アリスさんは09年、すずさんは12年)と全く同じ。専属モデルとして活動しつつ、2人とも女優の道へ進むことになります。

アリスさんは10年に、昼ドラ「明日の光をつかめ」(フジテレビ系)で昼ドラ史上最年少のヒロインとして女優デビュー。同年には全国高等学校サッカー選手権大会(第89回大会)の応援マネージャーを務めました。

すずさんは13年に、香取慎吾主演の「幽かな彼女」(フジ系)で女優デビュー。翌年には全国高等学校サッカー選手権大会(第93回大会)の応援マネージャーと、ここまで姉妹の足跡は非常によく似ていますよね。

「差がつくのはこのあとです。すずは15年に『学校のカイダン』(日本テレビ)で連ドラ初主演。この年に公開された、綾瀬はるか主演の映画『海街diary』(是枝裕和監督)に出演し、日本アカデミー賞はじめ新人女優賞を総なめしました。映画はカンヌ映画祭に正式出品され、17歳にしてレッドカーペットも歩きました。16年には映画『ちはやふる』(小泉徳宏監督)に単独初主演して日本アカデミー賞の優秀主演女優賞、渡辺謙主演『怒り』(李相日監督)では優秀助演女優賞の同時受賞という快挙を成し遂げました」

※民放プロデューサーのコメントより引用

 

飛躍の2021年、タレントパワーランキングでは姉妹の順位が逆転!

一方のアリスさんは、主演作こそ少ないものの、こつこつと脇役をこなしていくようになります。

アーキテクトが実施するタレントの知名度・人気度調査「タレントパワーランキング」では、すずさんは18年にトップテン入り。アリスさんは29位。翌19年は、すずさん7位、アリスさん22位。20年は、すずさん8位、アリスさん10位で初のトップテン入り。

そして今年、すずさん9位、アリスさん8位と、逆転を果たしました。

「やはり露出度が違います。アリスは今年だけでも、連ドラは『知ってるワイフ』(フジ)のヒロイン、『ラジエーションハウスII』(同前)にも出演し、『イチケイのカラス』(同前)には極道妻役で単発出演し、映画『地獄の花園』(関和亮監督)では元カリスマヤンキーのOL役をこなしました。また、女優業の一方で『R-1グランプリ』のMCを務めるなど活動の幅を広げています」(同上)

ドラマ『ラジエーションハウスII』で妹に劣等感を抱くアイドルの卵を励ます裕乃(広瀬アリス)を熱演

アリスさんはドラマ「ラジエーションハウス」の出演が決まっています。アリスさんは、裕乃を演じるにあたって「運命を感じる」とコメント。

“広瀬”役の広瀬です(笑)。同じ名字の役名を演じることはなかなかないと思うので、ちょっと運命を感じています。裕乃は真っすぐな女の子で、物語の中で唯一“白”というか、視聴者の皆さんと一番近い目線で物事を見られるキャラクターだと思っています。

また、今回の仕事に重みを感じているとも語っていました。

広瀬アリスプロフィール

画像引用:Yahoo!ニュース

広瀬アリス

1994年12月11日生まれ。静岡県静岡市出身。

地元でスカウトを受けたことをきっかけに、2008年から役者として活動を開始。

ティーン向けファッション雑誌『Seventeen』の、2009年に開催されたオーディション「ミスセブンティーン」に参加しグランプリを獲得。同誌の専属モデルとして芸能界デビュー。その後は役者活動を中心に活動を行なっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アリスさんの頑張りが認められて最近は出演作が増えてきているのですね。アリスさんとすずさんは仲良しということで、姉妹揃っての活躍を期待したいです!