女優

芦田愛菜が医学部進学内定。いよいよ芸能界引退が現実に?

幼い頃から人気子役として活躍し,さらに高い学力でも評価された芦田愛菜さん。芦田さんは芸能の仕事をこなす傍ら、将来的に医療関係に携わることを目標にしていました。そんな彼女ですが、なんと医学部に内定したということです。芸能の仕事はどうなるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

慶應大学の医学部に進学が内定、芦田愛菜の学力は本物!

芦田さんは小学生の頃から白衣に憧れており、病理医になりたいと望んでいました。中学受験を経て有名私立の中学・高校に通っていましたが、そんな中医学部への内部進学が内定したことが5月12日の「日刊大衆」により報じられました。

「慶應大学の医学部に進学するには、学内でも成績がトップ5に入らないと無理だと言われています。そんな狭き門を芸能活動と勉学の二刀流をこなしながら、見事に突破したのですから大したもの。ただ、通常の学部なら芸能活動を続けながら通学することもできるでしょうが、専門知識を学び実習もある医学部では、今までのように活動を続けるのは極めて困難です。そのため、大学進学を機に芸能界を引退する可能性がかなり高いとも言われている。ファンにしてみれば芦田の将来を応援したい気持もあるでしょうが、事実であれば複雑な心境でしょう」(芸能ライター)

医学部に進学後は女優業と”二足の草鞋”は難しとの心配も

芦田さんは中学受験の際も、芸能の仕事をセーブしています。医学部に進学すれば、毎日専門的な授業がありますし、実習も多くあります。そのため、医学部に進学するとすれば女優業を続けるのは難しいのは当然のことです。

3歳から芸能界の色んな側面を目の当たりにし、精神的にもそろそろ限界?

芦田愛菜さん本人によると、芸能活動を始めたきっかけは「お母さんの一言」だそうです。演技は好きなようですが、元々芸能界に入りたかったというわけでは無いようですね。

「彼女は2007年、3歳の時に芸能界入りしていますが、母親の勧めだったこともあり、もともと“女優になりたい”などという強い意志があったわけではないようです。また、長らく芸能界で仕事をしてきたことで、イヤでも大人の“裏事情”を目の当たりにする機会も多かった。近ごろは精神的にも限界を感じているといいます」(芸能関係者)

芸能界はイメージが大事になってくる業界。容姿や世間体であらゆることが決まってゆくほか、プライベートも侵害されるので芸能界そのものに限界を感じているというのも間違いではないかも知れません。

芦田愛菜プロフィール

画像引用:Yahoo!ニュース

芦田愛菜(あしだまな)

2004623日生。150cm。A型。兵庫県西宮市出身。元子役。

2007年、3歳の時に母親の勧めで芸能事務所に所属。テレビドラマ「Mother」の演技で注目され、日本アカデミー賞新人賞を受賞。

その後も、NHK大河ドラマ「江」、「さよならぼくたちのようちえん」(主演)、「マルモのおきて」(主演)「パシフィック・リム」(ハリウッド)、連続ドラマ「明日、ママがいない」(主演)、映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」(主演)などに出演。

私生活では、慶応義塾中等部及び、慶應義塾女子高校に入学。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どちらを選ぶにせよ、芦田さんのことを応援したいですね。芸能界を辞めたとしてもずっと視聴者の心には残り続けると思います。これからも多方面頑張ってほしいですね!