ミュージシャン

矢沢すみ子は矢沢永吉の元嫁!二人の離婚理由や現嫁マリアについて調査!

あまりプライベートについて語られてこなかった矢沢永吉さんですが、過去に離婚していたのはご存知でしょうか?

伝説のロックミュージシャンの矢沢永吉さんの元妻のすみ子さんとの結婚からなぜ、離婚してしまったのか?

また、現在の妻マリアさんとはどのような経緯で結婚したのか?

矢沢永吉さんの結婚と離婚事情について徹底調査しましたのでご紹介いたします。

矢沢永吉のプロフィール

引用:ヤフーニュース

名前:矢沢永吉(やざわ えいきち)

生年月日:1949年9月14日

出身地:広島県広島市

職業:ボーカリスト・ミュージシャン

ジャンル:ロックンロール

活動期間:1972年–

身長:180㎝

レーベル:GARURU RECORDS

矢沢永吉さんは「永ちゃん」の愛称で親しまれているロック・ミュージシャンです。

広島県広島市で育ち、高校卒業と同時に上京し、1972年に自ら張り紙でバンドの募集をかけて集まったジョニー大倉さんなどとキャロルを結成しました。

その後、キャロルは解散され1975年に矢沢永吉さんはソロ活動を開始しました。

ソロデビュー曲は「アイ・ラヴ・ユー、OK」で、この楽曲を制作するにあたり、キャロルで得た印税を全て注ぎ込んだそうです。

1977年には日本ロックアーティストとして初めて日本武道館公演を成功させています。

1978年には著書の「成り上がり」がベストセラーとなり、一気に矢沢ブームが巻き起こり、元キャロルの矢沢からソロシンガーの矢沢が浸透するようになりました。

熱狂的なファンも多く、日本一のロックンロールスターと言われるようになり、音楽番組に出演するというよりは、ライブを頻繁に行なっているミュージシャンで、日本武道館最多公演記録やアルバム10位入り作品数歴代1位など実績でもその地位を証明しました。

2005年にはソロデビュー30周年を迎え、EIKICHI YAZAWA LIVE HOUSE TOUR 2005「ROOTS」を開始し、2007年には日本武道館100回公演を達成しました。

現在でもライブを中心に矢沢永吉さんは活躍しています。

元嫁すみ子はどんな人?離婚の理由は?

引用:ヤフーニュース

矢沢永吉さんは1972年に前妻のすみ子さんと結婚しました。

1972年は矢沢永吉さんがデビューしてまもない時期で一番お金もなかった時期ではないかと思います。

実際にベストセラーにもなった矢沢永吉さんの著書の「成り上がり」では売れてない時期からずっと支えてくれたとも書かれているそうです。

すみ子さんとの間にも三人のお子さんがおり、長男は栄一郎さん、次男は寛十郎さん、長女は綾子さんというそうです。

著書にも登場したすみ子さんでしたが、そんなすみ子さんと矢沢永吉さんは1989年に離婚してしまいました。

離婚の理由は現在の妻でもあるマリアさんとの不倫が原因でした。

マリアさんとの不倫も離婚の原因ですが、1987年に矢沢永吉さんは事務所の側近が資金横領事件を起こしてしまいそれに矢沢永吉さんも巻き込まれてしまい、矢沢永吉さんは35億円の借金を背負う形となってしまいました。

精神的にも参っていた矢沢永吉さんと支えたのがマリアさんだったそうで、前妻のすみ子さんはどちらかと言うと仕事は家に持ち込まないでというスタイルだったそうです。

そういった経緯もあり、最終的には不倫が原因ですみ子さんとは離婚し、慰謝料としてポルシェ3台分と言われたそうで、約6000万円ほどを支払ったとされています。

そんな前妻のすみ子さんですが、現在どうしているかは不明でした。

一般人ということもありますので、矢沢永吉さんもすみ子さんに関しては何も語っていませんでした。

現嫁マリアはどんな人?

引用:ヤフーニュース

前妻のすみ子さんと離婚し、矢沢永吉さんは不倫相手でもあったマリアさんと1990年に結婚しました。

マリアさんとはアメリカ人のクウォーターだそうで、かなりの美人さんだそうです。

マリアさんは先ほど紹介しましたが、矢沢永吉さんが35億円の借金を背負った時に支えたのがマリアさんです。

当時はモデルだったそうですが、現在は一般人ということもあり画像などは公開されていませんでした。

矢沢永吉さんはマリアさんの媚びない性格に惹かれたと語っており、当時スーパースターだった矢沢永吉さんに対しても全く媚びることなく、ごく普通の男女の関係として向き合っていたそうです。

結果的に略奪婚のような形で矢沢永吉さんと結婚してしまいましたが、これに対しては罪悪感も抱いているそうで、慰謝料などの話し合いなどではしっかりとマリアさんも対応をしたそうです。

そんなマリアさんとの間にもお子さんですが、2男2女の子供がいるそうです。

歌手として活動している矢沢祥子さんは矢沢永吉さんの長女で、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」のCMで親子共演も果たしていました。

娘の矢沢祥子さんは映画「ツレがうつになりまして。」のイメージソングとしても起用されており、矢沢永吉さんのツアーにもゲストとして度々登場しています。

ツアーで自身の娘さんを出演させるくらいですし、CMでも共演していますので関係性は非常に良いようです!

今後の矢沢永吉さんのライブにも娘の矢沢祥子さんが登場することがあるのではないでしょうか。

まとめ

引用:ヤフーニュース

今回は矢沢永吉さんの前妻のすみ子さんと現妻のマリアさんについて紹介しました。

今回の記事をまとめると。

  • すみ子さんとは矢沢永吉さんがまだ駆け出しの1972年に結婚し、三人のお子さんがいました。
  • 矢沢永吉さんは35億円の借金を背負った時にマリアさんが矢沢永吉さんを支え、不倫関係の中、すみ子さんと離婚しました。
  • 1990年に不倫相手だったマリアさんと再婚し、四人のお子さんを授かっています。
  • 長女の矢沢祥子さんとはCMでも共演しており、矢沢永吉さんのライブにゲスト出演したりもしていました。

今回紹介した矢沢永吉さんの前妻のすみ子さんや現妻のマリアさんはどちらも一般人などの写真などはありませんでした。

すみ子さんに関しては一部では亡くなったという噂もありましたが、真相は不明です。

今後、矢沢永吉さんの口から何か語られるのかも注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。