キンタロー

キンタローの旦那は誰?人柄や仕事、年収を調査!

モノマネタレントとして名をはせたキンタロー。

そんなキンタローは、2020年に可愛い第一子の女の子を出産し、ブログやSNSを見る限り人柄の良さそうな旦那と幸せな3人暮らしを送っているようです。

キンタローのような面白い芸人を妻にし、可愛い女の子まで出産してもらった旦那は、自分は世界で一番の幸せ者と感じていることでしょう。

しかし、キンタローはしばらく子育てで仕事が制限されることから、人柄の良さそうな旦那の仕事や年収も、今後の生活に大きく関わるためとても気になるところです。

そこで今回は、人気お笑い芸人のキンタローのハートを、見事射止めた旦那は誰なのかがとても気になったので、人柄や仕事、年収を徹底調査してみました。

キンタローのプロフィール

引用:ザテレビジョン

こちらでは、キンタローの詳しいプロフィールをご紹介します。

キンタローのプロフィール

本名:田中志保

出身:愛知県岡崎市

生年月日:1981年10月24日

血液型:B型

星座:さそり座

身長:152.5cm

スリーサイズ:B83W73H90

趣味:読書、シュノーケリング

特技:料理、英会話、社交ダンス

資格・免許:英検2級、商業英語検定1級、家庭科検定3級、社交ダンス講師

職業:芸人、タレント

キンタローは、顔のバランスが大きいところが売りでもありますが、子供の頃はむしろ顔が小さい方だったとか…

キンタローの顔の大きさは、小学1年生の時は愛知の安達祐実と呼ばれていたのに対して、小学6年生になるとしょくぱんまんと呼ばれるほどの成長を遂げたそうです。

お笑い業界で生きていくには、特徴があった方が有利とされていますが、キンタローの場合も天から授かった顔の大きさを味方につけた好例でしょう。

それでは次に、キンタローのお笑いのルーツをご紹介します。

小学生時代からものまねをしていた

キンタローといえば、ものまね芸でお茶の間を笑わせてくれていますが、キンタローのものまね歴は小学生時代に遡ります。

キンタローは、小学生の頃からものまねの重鎮・コロッケが好きで、その当時から身近な人のものまねを披露しては、周囲を笑わせていたそうです。

中学生時代には、ディープなお笑いを披露しては友人たちを引かせていたといいますが、いったい人を引かせるほどのお笑いってなんだったのでしょうね?

社交ダンスが世界レベル

短大時代に競技ダンス部に所属し、全国大会で4位という成績を残しているキンタローは、テレビ番組の企画で挑戦した社交ダンス世界選手権でも世界第7位という好成績をおさめています。

キンタローは、短大時代に「お笑いと社交ダンス」どちらかを選択しろと言われ、社交ダンスと答えたそうですが、頸椎を損傷してしまったことからお笑いの道を選んだ経緯があります。

芸は身を助くといいますが、キンタローの中では社交ダンスで鍛えた精神力や体力も、お笑い業界の中で活かされているのではないでしょうか?

キンタローのものまね芸ばかりにスポットを当てがちですが、実は世界レベルの社交ダンスの実力を持っていたのですね!

キンタローの旦那ってどんな人?馴れ初めは?

引用:キラキラしたい!

画像を見る限り、とても優しく人柄の良さそうなキンタローの旦那。

ここでは、キンタローと旦那の馴れ初めや、旦那がいったいどんな人なのかが気になったので調べてみました。

キンタローの旦那は一般人だった

キンタローの旦那は、キンタローの3歳年上の一般人です。

キンタローと旦那の馴れ初めは、仕事を通じて出会ったということで、芸能関係の仕事をしていることが判明しました。

キンタローと旦那の交際期間は約1年半ということで、30代という結婚した年齢を考えると、お互い愛をはぐくむには丁度良い期間の交際だったのではないでしょうか?

余談ではありますが、旦那の出身地が佐賀県の伊万里市ということで、2人の結婚披露宴で市長から直々に観光大使就任の依頼を受けたそうです。

飛ぶ鳥を落とす勢いの人気芸能人・キンタローが一般男性との出会いとしては、仕事関係というのはとても自然なことですね。

お互い同じ仕事関係ということで、お互いの環境を理解し合えることからこそ、結婚を意識し合うまで時間は必要なかったということではないでしょうか?

キンタローの旦那の人柄

結論からいうと、キンタローの旦那の画像から伝わってくるように、真面目で優しいお人柄です。

キンタローが仕事をする上で、悩んでいること打ち明けると、旦那はとても熱心にキンタローにアドバイスをくれたそうです。

キンタローも、そんな真面目で熱心にアドバイスをしてくれる旦那に対し、徐々に惹かれていったのでしょうね。

キンタローは好きになったら猪突猛進タイプ。

ですので、自分から積極的に食事に誘っては根気よく旦那を口説いたのだとか(笑)

最終的には、旦那もキンタローの熱のこもった押しに根負けし、キンタローに振り向いた形になりましたが、仕事でも熱意がある旦那がキンタローの熱意に応えたということでしょう。

そんな真面目で優しい旦那をゲットしたキンタローもまた、旦那と同じく世界一の幸せ者ですね。

キンタローの旦那の仕事や年収

引用:事情通

先ほどの馴れ初めで、仕事を通じて出会ったとありましたが、ここではキンタローの旦那の仕事や年収について見てみます。

テレビ番組のディレクター

キンタローの旦那の仕事は、バイキングのディレクターで、お名前は小杉高志ということがわかりました。

キンタローの旦那は、一般男性とはいえテレビ関係のお仕事をしている立場だからこそ、キンタローの相談にも快くのってくれるし、的確かつ熱のこもったアドバイスができたわけですね!

なぜキンタローの旦那がバイキングのディレクターとが判明したのかというと、キンタローと旦那の結婚会見後のバイキング番組内で、坂上忍の粋な計らいでキンタローの旦那を映したからなんです。

最愛の妻となるキンタローと出会った当時は、ものまね番組内でスタッフとして働いていたキンタローの旦那ですが、しっかりとキャリアを積んでステップアップしていたということですね!

旦那の年収は?

キンタローの旦那の年収は、結論からいうとどこを調べても記載されてはいませんでした。

そこで、キー局の番組ディレクターの年収を調べてみると、30代で約1,000万円代の年収を稼ぎ出すと言われています。

キンタローの旦那がどこの局の社員なのかによっても変わりますが、おそらく1,000万円近くの年収があるだろうと予想します。

キンタローの旦那は、バイキングなどの人気番組ディレクターを務めるほどの実力を持っているので、この1,000万円という数字もあながち間違っていないような気がしませんか?

もしそうであれば、キンタローと旦那、そして可愛い子供を養うには旦那の年収だけでも普通に暮らしてくには十分な収入になります。

まとめ

引用:ORICON NEWS

今回はキンタローの旦那について、徹底調査した結果をまとめました。

キンタローの旦那は、一般人とはいえテレビ業界の第一線で働くスペシャリストであり、一般人としては高い年収も見込める地位と実力を持っていることがわかりました。

それに加え、キンタローや子供に対してとても優しそうなところ。

また、ディレクターという立場からキンタローへ適格にアドバイスできることなど、キンタローが芸人としてより良い環境を提供できている素敵な旦那なのは間違いありません。

ブログやSNSなどに投稿される、キンタローや子供の幸せそうな顔は、見ている私たちも幸せになってしまいますね!

そんなキンタローと旦那と子供の明るい未来を、応援し続けたいと思います。