安達祐実

朝ドラの「棒読み演技」が話題!女優・安達祐実の名演技に視聴者大絶賛!

現在、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演中の安達祐美さん。その「棒読み演技」ネットを中心に大きな話題となっているそうです。一体どういうことなのでしょうか。詳しくみていきましょう!

朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」での役柄は?

安達さんは、26年ぶりに朝ドラに出演。女優の美咲すみれを演じます。すみれはお芝居があまり上手ではない「大根女優」。しかも、やたら不機嫌で現場を困惑させてしまう役柄だそうです。

性格が悪いと言うわけではなく、1度はブレイクしているため、女優として低迷していると言うことをプライドが邪魔をして受け入れられず、こじらせてしまっているという難しい設定です。

ベテラン女優・安達があえて「大根役者」を演じる苦労とは?

安達さんと言えば、美貌やルックスはもちろんのこと、演技力にも定評があることで有名ですよね。今回、大根役者を演じるにあたって多くの苦労があったようです。

そもそも、わざと下手な演技を求められると言うのはとても難しいことですよね。しかし、視聴者からSNSで数々の「大根」に関するツッコミがされることや、安達さんの大根っぷりがこのようにして話題になることから見事に大根役者を演じきっています。

朝ドラファンの視聴者からの反応は?

すみれは劇中で、いかにも大物のようなオーラを纏つつ演技が下手と言う役柄です。そのため、大根役者ぶりが目立つようで、ネット上では「すみれさん…だ、大根…」「大ベテランの棒読み演技…!!」「す、すみれさん…演技下手なの?」「すごいわ大根具合が」などと、多くの感想が寄せられています。

一方で、「下手な演技」の演技から普段のすみれの演技への切り替えがしっかりされていてすばらしいと言う声も相次いでいます。やはり、安達さんは素晴らしい演技力をお持ちのようです。さすがですね。

安達祐実プロフィール

安達祐実
画像引用:Yahooニュース

安達祐実(女優)

1981年9月14日生。153㎝。A型。東京都台東区出身。

安達さんは2歳の時から子役モデルとして芸能活動を開始。1991年には、カリー工房のCMで注目されました。

1994年に初主演したドラマ「家なき子」で大ブレイクし、ドラマも37.2%の視聴率を記録。

以降も数々の作品に出演。

私生活では、2005年にスピードワゴンの井戸田潤と結婚し、翌年に女児を出産するも2009年1月に離婚。2014年11月にカメラマンと再婚し、2016年7月に男児を出産しています。

現在はYouTube活動などもしており、活動の幅を広げています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ベテラン女優の大根役者ぶりが話題になると言う面白い出来事ですね。そのルックスと演技力で数々の作品に出演している彼女ですが、最近はYouTube活動なども始めたようで活動の幅を広げています。安達さんの今後の活躍に期待ですね。