ミュージシャン

【画像】現在槇原敬之の歯がボロボロでもうない…理由は薬?

マッキーの愛称で知られ、数々のヒット曲を飛ばしまくってきた、歌手の槇原敬之さん。

そんな槇原敬之さんの歯がボロボロでもうないじゃないかと噂になっています。

その理由はやはり…薬??

画像を用意しましたのでどうぞ最後までご覧ください!!

槇原敬之プロフィール

本名 : 槇原 範之(まきはらのりゆき)

生年月日 : 1969年5月18日

出身地 : 大阪府高槻市

職業 : シンガーソングライター、作曲家

担当楽器 : ボーカル、ピアノ、キーボード

デビューは1990年10月25日で、1991年6月10日、3thシングル「どんなときも。」をリリースし大ブレイク!!

その後、ヒット曲を連発し華々しい経歴を飾るも1999年に、覚醒剤所持が発覚し逮捕されていた。

【画像】現在の槇原敬之の歯がボロボロでもうない…

ではまず若い時の画像から見ていきましょう!

デビューしたての頃の写真ですが、歯並びが良くないもののしっかりびっしり生えていますよね!!

そして1999年に逮捕され復帰後の槇原敬之さんです。

タバコを吸うので歯が黒いですね。

それ以外はそんなに歯に異変はありません。

そして最近の画像はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

笑ってもほとんど歯が見えず、もともとの歯並びの悪さばかりが目立ちます。

おじいちゃんみたいになってますね。

どうしてこんな風になってしまうのでしょうか?

歯がボロボロの理由は薬?

槇原敬之さんの歯の画像を見てきましたが、溶けたように半分以下になっています。

これって普通に生活していたら「歯が溶ける」なんてことはありませんよね。

覚せい剤乱用者の歯がボロボロになる理由を歯医者さんがおっしゃっていました。

①覚醒剤自体が歯を溶かす強い酸性。

②あり得ない位に強烈に食いしばる。

③ツバの減少。

④歯を磨かない。

引用 : 佐賀県の歯医者さん池田歯科医院より抜粋

間接的な要因の方が大きいみたいですが、

麻薬中毒者=歯が汚い

という構図は間違いではないそうです。

これについて視聴者も

薄々感づいていたようです。

まとめ

槇原敬之さんの歯がボロボロだということで理由は薬かどうか調べてみましたが、いかがでしたか?

上記の例をあげましたが、おそらく覚せい剤の影響もありここまで歯がボロボロになったのでしょう。

本当に薬物はおそろしいですね。

⬇︎⬇︎⬇︎関連記事はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

あいみょん現在の本命彼氏は尾崎世界観!出会いやきっかけは?

沢尻エリカと窪塚洋介は薬仲間?ヘルタースケルター共演後に擁護発言!

小栗旬は沢尻エリカの薬物使用を知ってた?対談で仲間として警告!