芸能人

川田裕美のお父さんは元保険会社!高年収なのに貧乏って本当?

2019年10月29日にご結婚を発表されましたフリーアナウンサーの川田裕美さん!!

そんな川田さんのお父さんは元保険会社のお勤め。

さぞかし裕福でお嬢様育ちだったのでしょうと思いきや、実は貧乏だった?なんて噂もあります!

そんな川田家のことを少し調査してみました!

どうぞ最後までご覧ください!

川田裕美プロフィール

名前 : 川田裕美(かわだひろみ)

生年月日 : 1983年6月22日

出身 : 大阪府

血液型 : B型

学歴 : 和歌山大学経済学部経済学科卒

資格 : スイーツコンシェルジュ、漢字検定2級

お父さんのプロフィール

お父さんのご紹介も簡単に

名前 : 川田芳弘(かわたよしひろ)

生年月日 : 1954年7月19日

出身 : 神戸大学

昭和のお父さん!って感じですね。

川田アナはお父さんによく似ていると思います。

お父さんは保険会社の社員だった

川田アナのお父さんの職業は、保険会社だそうで全国転勤もあり、幼少期の頃は日本各地を転々とされ、単身赴任も多かったようです。

川田さんは大阪住之江で生まれ、泉大津市で育ち、その後はお父さんの仕事で名古屋、松本、札幌、小樽と引越を繰り返します。

(川田さんは小学校でまた大阪泉大津に戻られたようです。)

金融会社のエリートコース社員の方々は、2年~3年に1回全国転勤があるそうですね。

当方の親戚にも生命保険会社の人がいますが、50代で未だに単身赴任されていますよ。

転勤がとても多くなる理由は、不正を防止するため、社員に経験を積ませるためという事が挙げられています。

気になるお父さんの年収は?

保険会社の魅力は若くても一般的なサラリーマンより高収入になることです。

引用 : 転職エージェントが語る、すべらない転職より

これに契約を取ってきた分のインセンティブが入ります。

さらに正社員か業務委託かによって大きく変わってきますので上記はほんの一例だと思ってください。

バリバリ契約を取ってくる人の場合、業務委託の方が天井知らずに稼ぐことができるようです。

ただ契約が取れない時は0円。厳しい世界ですが、夢はありますよね!

お父さんはおそらく

年収例
20代 300万円~900万円
30代 1000万円~1200万円
40代 1200万円~1400万円
50代 1300万円~1500万円
60代 900万円~1500万円

このくらいは稼いでいたのではないでしょうか?

本当に貧乏だったのか?

引用 : 「今夜くらべてみました」より

畳に正座してテレビを見る姿が公開されました。

ぱっと見、とても裕福な家庭ではなく、庶民的、一般的な雰囲気がありますね。

お父様はバリバリ仕事されていたのでお金がないわけではなかったと思いますが、庶民的な暮らしを選択されてたんですね。

とても好感が持てます。

なんと川田アナは、高校3年生で進路に悩んでいる時、「私立はお金がもったいないから行くな」と言われ、国公立しか選択肢がなかったそうです。

決して貧乏なわけではなくお父さんとお母さんは娘の将来のために、堅実にお金を残しておいたんですね。

素晴らしいです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在川田アナのお父さんはすでに定年退職を迎え、悠々自適にのんびりされているようです。

裕美さんも結婚され、孫の顔を見るのも楽しみですね!

⬇︎⬇︎⬇︎関連記事はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

【画像】宮根誠司は現在と若い頃で目が変わった?今と昔の写真を比較!

【画像まとめ】紅白司会抜擢の和久田麻由子の衣装や髪型がかわいい!