法律

インターネット税はいつから導入でいくら?仕組みや値段を調査!

またまた税金が増えるかもしれません。

今度の標的は「インターネット」で、その名も「インターネット税」。

一体いつから導入で、国民の負担はいくらぐらいなのでしょうか?

インターネット税の仕組みや値段を調査してみましたのでどうぞ最後までご覧ください!!

インターネット税の仕組みは??

高速インターネットの利用環境を全国各地で維持するため、2020年代半ばにもネット利用者から広く薄く徴収して、不採算地域に光回線を持つ事業者に交付金を出し、回線の補修や更新に充てることができるようにする方向で調整する。

高速インターネットとは「5G」のことです。

5Gの電波はこれまでの4Gに比べ、飛ばせる範囲が短いため、より多くの回線基地が必要となります。

その基地を増やし、その環境を維持していくためにお金が必要で、国民の皆様から徴収されるという考えです。

5Gって何?

5Gになることの大きな特徴は、「超高速化」「超多数同時接続」「超低遅延」の3点と言えます

高解像度の動画配信や、超低遅延による自動運転精度の向上、遠隔治療が可能となります。

通信が大容量化することにより、遅延や、ネットワーク障害を減らすことができます。

また、同時接続数が4Gの10倍であり、一度に接続することができる台数が増えます。

いいことづくめに聞こえますが、そのために設置コスト、維持コストがかかり、そこにお金がかかってしまうということも事実です。

いつ頃から導入されていくらくらいの値段?

導入は2020年代半ばと言われていますが、2024年頃と言われています。

気になる税金の値段は、国民一人当たり一ヶ月約1000円程度。

高いですね!国が躍起になって携帯電話料金を下げろと言っているのが今になってわかります。

これに対し街の声は

反対意見は一部あるものの、世の中が便利になるために負担は欠かせないという意見が見られます。

日本国民の数や出生率が減っていることを考えると、個人的にはこの先必須になるサービス、環境なのかなとは思います。

まとめ

いかがでしたか?

インターネット税の導入時期や仕組み、値段について調べてみました。

5Gが必須のサービスであることはわかりますが、国民のみなさんが納得してお金を払えるようにもう少し説明や議論が必要ではないでしょうか?

皆様はどう思われましたか?

⬇︎⬇︎⬇︎関連記事はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

【かっこいい名言まとめ】河野太郎、質問への答弁能力がすごい!

今井絵理子議員はなぜ辞めないと炎上中!任期はいつまでで年収は?

丸山穂高の酒癖は異常。過去の問題発言やトラブルをまとめてみた。

おかしいよ!恩赦はなぜ必要なのか納得いかない人必見!